電力自由化の恩恵を一番受けるのは誰だろうか

電力自由化が始まるまでそんなに時間はありません。電力自由化は2016年4月から始まります。もうすぐ始まるこの電力自由化。一体誰に一番メリットがあるのでしょうか。消費者、電力会社、異業種の企業など電力自由化の恩恵を受ける人達はたくさんいます。しかし誰が一番得するのかは「電力自由化」という制度を一番活用することが出来た人ではないでしょうか。つまりなぜ今電力が自由化されるのか、どのような業種から企業が参入してくるのか、これによって日本の経済はどのように変化するのか。こうしたことを考えなくてはいけません。
特に消費者はこれまで電力会社を選ばずに、決められた電力会社を使ってきました。つまり電力会社選びについて考える必要が無かったのです。しかしそれでは2016年から、損をすることになるかもしれません。そうならないためにも電力業界の流れをしっかりと掴んでおく必要があります。


電力自由化によって得する消費者

電力自由化によって得すると言われているのが消費者です。先ほども言った通り、以前は電力会社の選択が出来ませんでした。しかし異業種からの参入によって、消費者にとって有利なシステムが出来るでしょう。例えば携帯会社が電力業界に参入したとします。そうすると、携帯と電気のセット販売が行われたり、お得な料金プランが生まれることが期待できます。現在、スマートフォンを持っていない日本人は珍しいでしょう。そのスマートフォンと生活に必ず必要な電気。この二つを安く利用出来るプランが生まれることは、消費者にとっても嬉しい事ではないでしょうか。また携帯会社だけではなく、通信会社やガス会社、インターンネット関連会社の参入も噂されています。どの電力会社を利用したら、一番得するのか。これを常に消費者は考えなくてはならないのです。


日本の経済も大きく変化することになる

企業も電力自由化は大きなビジネスチャンスだと考えている所が多いのではないでしょうか。この市場価値はかなり高いと見ている企業が多く日本の経済を大きく変えることになるのではないでしょうか。
もちろん企業にとってもこれは大きなチャンスでもありますが、企業がチャンスを迎えているという事は投資家にとってもチャンスになるのです。投資家は企業の株を売買しているので、日本の経済が、また企業が業界に参入するタイミングが一番株価変動する時なのです。このタイミングを逃さずしっかりと利益を上げよと考えている投資家はたくさんいるでしょう。
電力自由化によって得する人はたくさんいます。しかしそれはチャンスを逃さないという前提を元にあるのです。

カテゴリー: 電力自由化 パーマリンク