電力自由化は日本の経済を大きく変える

電力自由化が2016年から始めることをご存知でしょうか?今までは自分で使う電力会社を選ぶことは出来ませんでした。電力会社選択の自由が急に与えられたからと言って、自分に何のメリットがあるのか分からない。このような方もたくさんいるのではないでしょうか。確かに電力自由化と言っても私たちの生活にどのような影響を与えるか分からないかもしれません。
この電力自由化は私たちの生活を変えるだけではなく、日本の経済状況を大きく変える新しい制度なのです。


電力自由化はそもそもなぜやるの?

そもそもなぜ電力自由化をすると思いますか?それは長い経済の歴史までさかのぼって見る必要があります。日本の明治時代には財閥という大きな企業集団がありました。この財閥は様々な業種にも手を出しており、ほとんどの財閥がこれらの全ての経済を回していたともいわれています。しかしこの経済界でとてつもない力を持った財閥が解体されました。その理由は「ある少数の企業が独占してサービスを提供することはよくない」という風潮が広まってきたからです。やはり企業は競争がないと成長または、新たなサービスが生まれてきません。価格やサービスが向上しないという事は、消費者にとってもメリットがありません。そのため企業間の競争をどんどん活発にしていこうと財閥が解体され、独禁法が生まれました。
しかし今までの電力業界は寡占状態にあったのです。こうした寡占状態を無くして、企業間の競争を活発にさせようと、2016年に電力自由化が始めるのです。企業間の競争が生まれると、消費者にとって有利な料金体系や、利用しやすいサービスが生まれるかもしれません。


日本の経済にどのような影響を与えるのか

電力が自由化されることにより、異業種からの参入が期待されます。通信会社・ガス会社またはネット関連会社などが筆頭候補になります。
これによって日本の経済は大きく変わります。例えば電力会Aが電力業界に参入するとします。まずはそのための資金を集めなくてはなりません。そこで銀行から融資を受けることになるでしょう。その後、いろいろとインフラを整備しなくてはなりません。そうすると今度はインフラ業界にも仕事が生まれます。
次に広告を出さなくてはなりません。そうすると広告会社にも新たないビジネスチャンスが生まれます。このように一つの会社が参入するだけでもこれだけのビジネスが生まれるのです。電力自由化によって日本の経済は良い傾向に向かっていくことが期待されます。この電力自由化。これから目を離すことは出来ません。